幼いときから幼児食で食育する大切さ

幼いときから食育が大切

生きていくのに必要不可欠なものであり、食の質によって成長過程が変わってしまうものなので大切です。

 

幼児の頃から食の大切さ

幼児の頃から食の大切さを身に着けることが食育なのです。特に幼児の頃に教えるのは親としては絶好の機会になります。

 

幼児期は、食事の基礎となる大事な時期

子どもの好きな物ばかりを与えるのではなく、たくさんの食材を使用して可能な限り、バランスの良い食生活ができるように心掛けたいものです。

 

 

幼いときから食育が大切です。「食」というのは、生きていくのに必要不可欠なものであり、食の質によって成長過程が変わってしまうものなので大切です。

 

しかし、1食がそれほど重要視されることはなく、偏った食生活になると、子どもたちの成長に色々な影響を及ぼすのです。

 

ですから、食べ物がどのように食卓までやってくるものなのか、どういう食べ物を食べれば健康に過ごせるのかを幼いときから学んで習得することにより、それが病気の予防にもなり、心身ともに健康的に成長していくことになるのです。

 

このように幼児の頃から食の大切さを身に着けることが食育なのです。特に幼児の頃に教えるのは親としては絶好の機会になります。

 

「三つ子の魂百まで」ということわざがありますが、教えられたことは、幼児期の子どもの記憶にしっかり植え付けさせることができます。

 

 

幼いときから幼児食で正しい食の知識を植え付けさせて、食を選択できる力を子どもに養わせるのです。お母さんが食事をする時に「美味しい!」と笑顔で食べていると、子どもも食事に興味を持ちますので、子どもが食事が楽しいものだと教えることができます。

 

また、季節に合ったメニューを取り入れたり、仕事の帰りにスーパーマーケットで子どもと一緒に食材を選んだり、家族で食卓を楽しく囲むことによって食事が楽しいものだと教えられるのです。子どもが喜ぶからといって甘い物などを子どもの欲求に任せて与え過ぎるのはよくありません。

 

幼児期は、食事の基礎となる大事な時期でもあるますから、子どもの好きな物ばかりを与えるのではなく、たくさんの食材を使用して可能な限り、バランスの良い食生活ができるように心掛けたいものです。

 

そうやって幼児期の子どもの舌にしっかりと覚えさせることができます。現在の日本では24時間営業のコンビニなどがありますが、どこでもいつでも食べたいものを手に入れることができるので食事の時間など不規則な子どもが増えています。

 

そのために食の大切さや感謝が感じられなくなってしまっている子どもがいるのです。ですから、幼児期の頃から食の大切さや食事のマナー、感謝を身に着けるというのが食育になるのです。

 

幼児食の定義とシンプルな作り方

幼児食とは

離乳食・母乳やミルクという食事だったものが、子どもの成長に合わせて食事のみで栄養が取れるように調理する食事のことを言います。

 

幼児食に移行する時期

子どもが食べられる食材が増えます。

 

おやつは

子どもは胃が小さく一回の食事でたくさん食べられないので、栄養を摂取するために大切なものです。

 

幼児食とは、何のことでしょうか?離乳食という言葉は聞いたことがあるかもしれません。

 

幼児食とは、離乳食・母乳やミルクという食事だったものが、子どもの成長に合わせて食事のみで栄養が取れるように調理する食事のことを言います。

 

離乳食は、初期〜完了期がありますが、生後12〜18か月頃の完了期が終わったからといって大人と同じ食事ができるというわけではなりません。

 

完了期が終了したら、幼児食に進みます。離乳食から幼児食に移行する時期は、子どもが食べられる食材が増えます。幼児食を始める時期の目安は、一日3回の食事のリズムに慣れていることや、自分で食べようとする行動がみられること、食べ物をすりつぶすような?み方ができていること、水分をコップから飲めるようになっていることに当てはまるようになってきたら幼児食を始めることができます。

 

全てに当てはまらないといけないということではありません。幼児期に濃い味や脂っこい物に慣れさせてはいけません。薄味な食事を与えることで生活習慣病の予防にもなります。

 

子どもの歯の生え方や咀嚼に応じて、食材を小さめに刻んだり、柔らかくするというひと手間が必要になります。

 

おやつは、大人にとっては気分転換になるのものですが、子どもは胃が小さく一回の食事でたくさん食べられないので、栄養を摂取するために大切なものです。ですから、3回の食事の栄養を補うようなものをおやつとして食べさせると良いでしょう。

 

幼児食のシンプルなサラダの作り方としては、人参、カブ、ブロッコリーを小さめの四角に切っていきます。鍋に湯を沸かして、人参、ブロッコリー、カブを入れていき柔らかくします。その後、ザルにあげて粗熱を取ります。そして、ハムを1センチ角に切っていきます。ボールに茹でた野菜とハムとコーン、マヨネーズを入れて完成です。

 

他にも幼児食のえんどう豆スープは、えんどう豆150グラムを塩ゆでをしてから10分ほど粗熱を取ります。鍋に水100ccを沸騰させて、その中に玉ねぎ小2分の1、ジャガイモ小1をスライスしたものを茹でます。茹でたものとえんどう豆をミキサーにかけます。ミキサーにかけたものを鍋に戻して牛乳100ccを入れて火にかけて完成です。

 

子どもにも評判が良く、シンプルな作り方なので簡単ですし、大人でも少し味付けすれば、美味しくいただけます。

 

子供向けの食事作りが大切なのはなぜ?

 

子供向けの食事作りが大切なのは、なぜでしょうか?それは、幼児期は食事の基礎となる大事な時期だからです。
私たちの身体は、食べ物から作られており、食事の食べ方を覚えるのはとても大切です。日本では平成17年に食育基本法が制定されて、食育の基本となる考え方、推進のあり方などが定められました。

 

その中でも「子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要である。今、改めて、食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものとの位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている。」とあります。

 

偏食といった食事の乱れは、子どもたちの健全な発育の阻害・学習意欲の低下などに繋がることにもなりかねません。また、子どものイライラして切れやすくなる一因にもなるという意見もあるのです。もし、子どもの頃から食べ物の好き嫌いなく成長するならば、欠食や好きな物ばかり食べる偏食を避けることができます。

 

そして、大人だけでなく、子どもたちの間でも生活習慣病や、予備軍が増えていると言われています。親の立場であるならば、子どもにはそうなってほしくはありません。このように、子どもたちの心身の発達や状態に食事作りが大きな影響を及ぼしますので、大切なのです。

 

ご飯粒や魚や肉は、歯ごたえがあるので誤嚥を防ぐために奥歯で噛むことを覚えてさせていきます。また、汁物を飲めるようにするには、口腔機能の発達に繋がります。なぜなら、汁物を飲む時、訓練されていないとむせてしまいますが、補助しながら飲ませていくうちに、口をすぼめて量を調整して飲めるようになるからです。

 

海藻や野菜などは、パリパリ・コリコリとした食感などを味わっていくことにより、聴覚も刺激できるのです。このようにして子どもの頃から食感の違いを楽しみ、咀嚼力もついていくのです。

 

そして、健康的な食生活を身に付けさせ、大人になって仕事をするようになってもきちんとした食生活に気を配れるようになるのです。

 

しっかり成長してくれる幼児食資格の選び方

 

子どもの食事は、子どもの成長に大きな影響を与え、中でも幼児期の幼児食の安全が注目されています。

 

そして、それに関連した資格の種類が増えてきました。しっかり成長してくれる幼児食の資格の選び方で重要なのは何でしょうか?

 

幼児食の資格の選び方のポイントとしてあげらるのは、資格の取得目的は何かを考えることです。そうすることによってどの資格がしっかり成長してくれる幼児食の資格なのか、それが自分に合っているのか、おのずと分かってくるからです。そうでないと、資格を取得した後に「苦労して取得したけど意味がなかった」と後悔することになるかもしれません。

 

ですから、インターネットなどを利用して事前に講座の特徴をよく調べてから選びましょう。口コミや評判を見てみることもできます。最近では、民間資格でも専門的な知識を学べて習得することができるようになり、民間資格が人気が出てきています。

 

子どもを持っている母親であれば、子育て中の子どもの成長に役立つ資格になり、育児にすぐ役立つ資格になります。子どもの危険な添加物や食生活の乱れや安全性が問題視されている中で、食育を学ぶことで安全な食品の選び方や栄養を考えたレシピ、免疫力を高めてくれる食事法などを身に着けることができるのです。そして、子どもがいるために在宅で勉強したい人もたくさんいます。

 

幼児食の勉強を在宅でもできて、最短で2ヶ月で資格が取得できるものもあります。そして、試験も試験会場に行かずに自宅でできる試験もあります。子どもを誰かに預けて試験に行く必要も交通費も必要ないので助かります。

 

そして、せっかく勉強するのですから、継続して知識を生かせる環境で子どもたちの成長に役立つ資格を活かしたいものです。資格を取得した後、自宅で活かすだけでなく、講師活動の仕事ができたりと仕事に役立つものもあります。

 

幼児食の資格の種類には、「幼児食マイスター」の資格や、「ベビーフードインストラクター」の資格などがあります。

 

「幼児食マスター」と「ベビーフードインストラクター」の資格の勉強は、違う観点の学習になるので、学習の幅を考えて2つ共に資格を取得することもできます。それほど幼児食という食事は大切なものなのです。

 

子どもの食事は、子どもの成長に大きな影響を与え、中でも幼児期の幼児食の安全が注目されています。

要点を紹介するキャラクター

 

子どもの食事に役立つ資格ランキング

子どもの食事に役立つ資格のランキングを見てみましょう。

 

画像名を入力

ベビーフードインストラクターの特徴

第一位は、ベビーフードインストラクターの資格です。「ベビーフードインストラクター」は、日本インストラクター技術協会(JIA)主催する資格です。「ベビーフードインストラクター」は、子供の成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解していて、春夏秋冬の献立、キャベツやジャガイモ、レンコンなど幼児に与えるオススメの食材を使用した献立を考えて、食事を作ることができる人に与えられる資格になります。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ベビーフードインストラクターの総評
  • 子供の成長に合わせた食事に関する知識
  • 春夏秋冬の献立
  • キャベツやジャガイモ、レンコンなど幼児に与えるオススメの食材を使用した献立
公式サイトへ

 

画像名を入力

幼児食マイスターの特徴

第二位は、幼児食マイスターの資格です。「幼児食マイスター」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催する資格です。「幼児食マイスター」は、子どもの成長に合わせた栄養バランスを考えて手作り献立の知識や離乳食から幼児食に変える時期、そして幼児食向きな食材か、そうではないかなど幼児食に関わる知識を有する人に対して与えられる資格になります。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
幼児食マイスターの総評
  • 子どもの成長に合わせた栄養バランスを考えて手作り献立の知識
  • 離乳食から幼児食に変える時期、幼児食向きな食材など幼児食に関わる知識
公式サイトへ
第一位:ベビーフードインストラクター

第一位は、ベビーフードインストラクターの資格です。(https://www.designlearn.co.jp/youjisyoku/)
「ベビーフードインストラクター」は、日本インストラクター技術協会(JIA)主催する資格です。
「ベビーフードインストラクター」は、子供の成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解していて、春夏秋冬の献立、キャベツやジャガイモ、レンコンなど幼児に与えるオススメの食材を使用した献立を考えて、食事を作ることができる人に与えられる資格になります。

 

諒設計アーキテクトラーニング」は、幼児食マイスターW資格取得講座を実施しており、「諒設計アーキテクトラーニング」のスペシャル講座では添削課題をすべてクリアした後、卒業課題を提出することと試験免除で「幼児食マイスター」と、「ベビーフードインストラクター」の2つの資格を講座卒業と同時に認定されますので、口コミでも高い評判を得ており、おススメです。

 

第二位:幼児食マイスター

第二位は、幼児食マイスターの資格です。https://www.saraschool.net/infant_food/)
「幼児食マイスター」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催する資格です。

 

「幼児食マイスター」は、子どもの成長に合わせた栄養バランスを考えて手作り献立の知識や離乳食から幼児食に変える時期、そして幼児食向きな食材か、そうではないかなど幼児食に関わる知識を有する人に対して与えられる資格になります。

 

通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、幼児食基本コース、幼児食プラチナコースの2つのコースが準備されており、プラチナコースを受講した人は卒業時に試験免除で資格が認定されるため、2つの資格を確実に取得することができます。

 

SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容で学びやすくなっています。

 

SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあり高い評価を得ています。やみくもに独学で学ぶよりも、こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できることでしょう。わからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できますのでおススメです。

 

一番おすすめなのは「幼児食資格」

一番オススメな資格「ベビーフードインストラクター」
ベビーフードのオリジナル料理を作る能力
栄養素がバランスよく含まれている献立

一番オススメな資格である「ベビーフードインストラクター」は、日本インストラクター技術協会(JIA)主催する資格になります。

 

日本ではお米やジャガイモだけでなく、トウモロコシや豆類など海外のベビーフードのアイデアを取り入れたレシピがたくさん考案されています。赤ちゃんも大人でも美味しく食べることができるベビーフードが人気があります。

 

このようなベビーフードのオリジナル料理を作る能力が求められているのが「ベビーフードインストラクター」の資格なのです。

 

この資格を通して、身体をつくるもの(赤色)、エネルギーとなるもの(黄色)、身体の調子を整えるもの(緑色)の三色の栄養素がバランスよく含まれている献立によって、幼児の体格や体質、運動量により食事量を考えることができるのです。ベビーフードインストラクターの仕事は企画開発だけでなくて、講師としての募集もされています。

 

資格を取得した後は、自宅やカルチャースクール等で講師として活動することができます。最近ではベビーフードインストラクターの資格保有者同士で専門の会社を作っている人もいるようです。仕事として活用する方法は色々ありますから、若い人にもオススメな資格です。

 

「ベビーフードインストラクター」の受験料は10,000円で、受験資格は特にありません。70%以上の評価が合格基準になります。申し込みは公式ホームページから申し込めます。

 

試験は2ヶ月に一度の頻度で実施されており、申し込みをすると郵送で試験用紙が届きます。在宅受験になり、答案用紙を期限内で返送すれば試験は終了になります。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」のスペシャル講座では添削課題をすべてクリアした後、卒業課題を提出することと試験免除で「幼児食マイスター」と、「ベビーフードインストラクター」の2つの資格を講座卒業と同時に認定されますので口コミでも高い評価を得ています。

 

ですから、すぐに資格を取得したい人や確実に資格を取得したい人におススメのコースになります。

 

幼児食資格はこちら

 

まとめ

幼児食とは、離乳食・母乳やミルクという食事だったものが、子どもの成長に合わせて食事のみで栄養が取れるように調理する食事のことを言います。

 

離乳食が終わったからといって大人と同じ食事ができるというわけではなりません。

 

幼児期に濃い味や脂っこい物に慣れさせてはいけませんし、薄味な食事を与えます。子どもの歯の生え方や咀嚼に応じて、食材を小さめに刻んだり、柔らかくするというひと手間が必要になります。

 

幼児期の食事が大切なのは、子どもたちの心身の発達や状態に食事作りが大きな影響を及ぼすからです。今、幼児食資格が口コミでも人気です。幼児食の資格の種類には、「幼児食マイスター」の資格や、「ベビーフードインストラクター」の資格などがあります。

 

添削課題をすべてクリアした後、卒業課題を提出することと試験免除で「幼児食マイスター」と、「ベビーフードインストラクター」の2つの資格を講座卒業と同時に認定される講座もありますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

更新履歴