親は食習慣に気をつけよう

子どもは、親のすることをよく見ています。同じようなことをそっくり真似することがあります。このことは、食習慣に関しても同じことがいえます。親が好きな食べ物は好き、嫌いな食べ物は嫌いということは良くあります。両親が野菜や果物をよく食べていると、子どもの野菜や果物の摂取量は多いという調査結果があります。最近では、子どもの肥満の問題があります。

 

もしかして、親に原因があるかもしれません。脂っこい料理ばかり食卓に並んでいませんか。ジャンクフートを食べることが多いでしょうか。食習慣というのは、わたしたちの身体に影響を及ぼすものです。すべてを一気に変えることはできないかもしれませんが、少しずつ見直して改善していきましょう。食育に関する資格があります。食習慣を改善するうえで役立つことでしょう。

 

「管理健康栄養インストラクター」の資格について

「管理健康栄養インストラクター」は、養成講座を受講し、最短2カ月ほどで資格を取得できます。食育に関する知識を実践レベルまで学べます。毎日の食事において、栄養バランスの考え方を食材を選ぶことから学び、プロ並みの知識を得ることができます。アレルギーを持っている子どもの食事作りは難しいですが、体質に合わせた献立を考えることができるようになります。

 

また、最適とされる栄養バランス、安全な食材の見分け方も身につきます。専門的な知識と資格があるなら、料理教室を開いたり、食育のアドバイザーとしてセミナーを開催することもできます。さらに、教育・医療・食品業界の現場でも食育のスペシャリストとして活躍の場を広げることができるでしょう。

 

「食育健康アドバイザー」の資格について

「食育健康アドバイザー」の資格も、養成講座を受けることで取得することができます。指定の通信講座のカリキュラムを修了した後に認定試験を受けます。最短2カ月ほどの期間で取得できます。講座では、食育に関する基本的な知識を学ぶことができます。安全な食材の見分け方、食材を上手に保存する方法、食事のマナー、子どもを健やかに育てる食習慣など、食育全般を学べます。

 

心身ともに健康にする食生活を実践したい方にお勧めの講座です。受講して得た知識を、日常生活の中ですぐに活かすことができます。また、資格を取得した後は社会において、食育の指導者として活躍することもできます。

 

まとめ

子どもの健康のために、親が正しい食習慣を送りましょう。その点で役立つ、食育という資格講座を受講してみませんか。

 

「管理健康栄養インストラクター」や、「食育健康アドバイザー」といった資格を取って、日々の生活に役立てていきましょう。

 

関連ページ

幼児食資格の口コミと評判
最近では、幼児食に関する資格に注目が集まっています。それだけ、「食」というものに対する意識が高くなっていることの証拠といえます。愛するわが子の食事には、気を遣い、こだわりたいという思いが強いものです。
食育を兼ねた幼児食の作り方
子どもが幼いうちから「食育」をしようという考え方が広まっています。新生児は母乳やミルクで育ち、生後6ヶ月ころから離乳食がはじまります。離乳食が終わると、幼児食がスタートします。
ごはんを柔らかく食べやすくする方法
離乳食を完了すると、幼児食がスタートします。ごはんの硬さをどのくらいに調整したら良いのか悩むところです。大人と同じくらいですと、最初は食べにくく感じて、あまり食べてくれないかもしれません。
子どもが野菜を食べやすくなる調理法
野菜が苦手なお子さんには、スープにしたり、温野菜にして食べさせてみましょう。素材の味に抵抗があるなら、ケチャップやチーズ味に味つけしてみても良いかもしれません。また、子どもと一緒に作ってみると、うれしくて食べてくれるかもしれません。
魚を食べやすくする調理法
子どもには、食事を通して栄養素を摂取し、成長してもらいたいものです。日本は、美味しい魚が獲れますし、カルシウムも豊富で、積極的に食べさせたい食材ですが、骨が気になったり、見た目が怖いこともあって、なかなか食べてくれないこともあります。魚を食べやすくする調理方法があるでしょうか。
骨まで食べられる缶詰で幼児食スキルアップ
魚嫌いというお子さんは多いと思います。大人はおいしいと感じる魚ですが、子どもにとっては、生臭い、見た目が怖い、骨が邪魔などと感じ、なかなか食べてくれません。そんな時は、骨まで丸ごと食べることができる缶詰がおすすめです
カレーやシチューで野菜を確実に食べさせるコツ
野菜嫌いな子どもは多く、一度嫌なイメージがついてしまうと、なかなか食べてくれなくなってしまいます。皆さんも、いろいろ工夫して、細かくきざんだり、すりおろして形をなくし、カレーに入れたりされておられることでしょう。
野菜をペースト状にする方法
うちの子は、野菜が苦手で、なかなか食べてくれない…。こんなお悩みをよく聞きます。細かくきざんだり、すりおろしたりして、ばれないように料理に入れて、なんとか食べてもらっているというご家庭も多いことでしょう。
おかゆ雑穀米で食べやすいご飯を作ろう
子どもは、生後6ヶ月ころになると離乳食を食べるようになります。最初のうちは、10倍粥を1日1口からはじめていきます。7ヶ月〜9ヶ月ころは、7倍粥も食べられるようになり、離乳食も1日2回ほどに増えます。
パン食でもしっかり栄養を採ってもらうアイデア
パン食と聞くと、忙しい朝にささっと食事を済ませるために食べるものという印象があるでしょうか。日本人はやはり、お米を食べなければ…、という方もおられるでしょう。でも、パンといっても、たくさん種類があり、菓子パンや、調理パンがあります。
メディカルハーブでパン食をレベルアップ!
健康のため、大人も子どももハーブを使った料理やお茶を楽しんでいます。最近では、ハーブをパンに入れて焼いて提供しているお店もありますし、ハーブ入りのパンを手作りされている方も増えています。
子どもに必要な栄養を含む野菜
好き嫌いのある子どもにも、成長や発育に必要な栄養素を含む野菜を食べてほしいと思います。野菜には、ビタミンやミネラルが多く含まれています。ビタミンAが豊富な野菜は、ホウレン草・にんじん・かぼちゃ、ビタミンBが豊富な野菜は、大豆などの豆類です。
DHAやEPAを効率的に吸収する方法
魚に多く含まれているDHAとEPAですが、どうしたら効率的に吸収できるのかという点はあまり知られておらず、これまでもあまり意識してこなかったのではないでしょうか。研究の結果、夕食時よりも、朝食時に摂取した方が効率的であることがわかりました。
子どもも食べてくれるDHA豊富な魚
DHA豊富な魚は、成長期の子どもにたくさん食べさせたい食材です。DHAとは、魚の脂肪に多く含まれる必須脂肪酸のことです。体の細胞の原料や、エネルギー源になります。さらに、ホルモンの材料になり、大きな役割を果たしてくれます。
おやつ感覚で与えられる煮干しスナック
ので、成長期の子どもには積極的に食べてほしいものです。最近では、「食べる煮干し」という商品もあり、おやつ感覚で食べることができます。
食育意識を高めるための生活習慣
「食育」という言葉をよく聞くようになってきました。食育とは、生きていく上での基本、大切なことです。食育を通じて、健全な生活習慣を送ることができます。どのように食に対して意識を高めていくことができるでしょうか。
ドライフルーツを長期保管する方法
ちょっと小腹が空いた時に食べると良いドライフルーツ、健康的な食べ物ということで人気が高く、たくさんの種類があります。ブルーベリー、プルーン、マンゴー、チェリーなど、コンビニやスーパーで手軽に買えるようになっています。
フルーツを長期保存する方法
季節ごとにおいしいフルーツを味わうことができます。フルーツによって、特徴があり、保存方法に違いがあります。長期保存する方法を知っていれば、おいしい状態で食べることができます。上手においしい状態をキープして、フルーツの本来の味を楽しみましょう。バナナは、カーブしているほうを上にして、常温で風通しの良い場所で保存します。
おやつにフルーツを食べるのがおすすめ
幼児にとっておやつは必要なものです。幼児期は、発育が盛んで、動きも活発ですから、食事からだけでは補えない栄養を補うという利点もあります。また、子どももおやつの時間を楽しみにしています。
スナック菓子をやめてフルーツ生活を始めよう
子どもにとっておやつの時間はとても楽しいものとなります。理想としては、愛情たっぷりの手作りのおやつを食べさせたいと思いますが、忙しいとそうもいきません。かといって、毎回スナック菓子を食べさせるのも栄養価的に心配です。そこで、油分、塩分の含まれていないフルーツがおすすめです。
親の食生活を改善する食育も大切
子どもの食性格が乱れている場合、改善しなくてはならないのは、子どもだけではありません。親自身の食生活も改善する必要があります。親の食生活が改善すれば、家族全体の食生活も改善されるのです。
野菜スティック習慣を身につけよう
親は「苦いよ」とか「嫌いだけど食べようね」などの言葉を使わないように気をつけましょう。野菜が好きになるよう、サポートしてください。そのようにして、野菜を食べる習慣を身につけていきましょう。
ドライフルーツ資格を取るには
ドライフルーツは、フルーツの水分を抜き、一定の温度で乾かしているので栄養価が高く、健康的な食べ物で、大人にも子どもにも人気があります。干しブドウや杏子は、鉄分が豊富なので、お子さんや妊婦さんにとって、積極的に食べてほしい食材です。
メディカルハーブ資格を取るには
ハーブは、古くから人々の生活と深くかかわってきました。日本では、薬草・香草そしてよく知られています。日常生活のあらゆる分野で活用されています。料理やお茶に使っておられる方も多いことでしょう。