ピックアップ記事記事一覧

幼児食に必要な知識子どもは、離乳食を卒業すると、次に幼児食がはじまります。幼児期は、初めて口にするものばかりなので、食物アレルギーかどうかわからないことも多く、食事には気を遣います。どのようなことが気になるでしょうか。どのように幼児食をすすめていったら良いか、不安な点があるでしょうか。幼児食はまさに一人一人に合わせたオーダーメイドです。歯の生え方や、食べる量に応じて適切な食事を作ること、栄養を摂取...

幼児食に関する資格を取ろう幼児食とは、離乳食を完了した子ども、1歳〜6歳の幼児期の食事のことです。幼児の成長に合わせ、食事のみで栄養を摂れるように調理した食事を指します。自分の子どものために、幼児食に関する専門的な知識を得ようと、資格を取得にトライされる方が増えています。幼児食に関する資格には、どのようなものがあるでしょうか。「ベビーフードインストラクター」、「幼児食マイスター」などがあります。子...

食育に興味のある方は、資格を取ってみよう近年、食に対する意識が高まっています。食育に取り組んでいる学校や幼稚園、保育園は多く、絵本や教材も、食育に関するものが多くなってきました。食育とは、食物をバランスよく食べるための知識を身につけ、食品の選び方を学んでいくことです。食育に関する資格にはどのようなものがあるでしょうか。「管理健康栄養インストラクター」、「食育健康アドバイザー」などがあります。いずれ...

子供に合わせて食事を作ろう子供は、年齢によって食べられるものに違いがあります。離乳食が完了する1歳のころは、まだやわらかいものが良いでしょう。肉を食べさせたいなら、豆腐ハンバーグや鶏肉ハンバーグなどからスタートすると良いかもしれません。また、1歳から食べられるカレーライス、ハヤシライス、シチューもありますので、試してみても良いでしょう。多めに作っても、少ししか食べられないかもしれません。そのような...

子どもにとって食べやすい料理とは子どもには、食事の時間も楽しく過ごしてほしいと思います。幼児期はちょうどイヤイヤ期にもさしかかり、食事を食べてくれなくなったりします。好き嫌いもはっきりしてきますし、遊びのほうに夢中になり、食事に集中しなくなることもしばしばです。どんな工夫をしたら良いでしょうか。お母さんが美味しそうに食べてみることや、ベビー食器をやめて、違う食器に盛りつけて気分を変えてみるのも有効...