幼児食に関する資格を取ろう

幼児食とは、離乳食を完了した子ども、1歳〜6歳の幼児期の食事のことです。幼児の成長に合わせ、食事のみで栄養を摂れるように調理した食事を指します。自分の子どものために、幼児食に関する専門的な知識を得ようと、資格を取得にトライされる方が増えています。

 

幼児食に関する資格には、どのようなものがあるでしょうか。「ベビーフードインストラクター」、「幼児食マイスター」などがあります。子どもの成長に役立つ資格です。ぜひ、資格取得を目指してみましょう。

 

「ベビーフードインストラクター」の資格を取るには

「ベビーフードインストラクター」という資格があります。今は、少子化ということもあり、健康的な子どもに育てたいと考える親が多くなりました。以前は、幼児食という分野はそれほど注目されていませんでした。最近になって、幼児食の大切さが見直されてきました。「ベビーフードインストラクター」は、幼児期に、成長に必要とされる栄養素や食事のバランスなど、食事の重要性を基礎から学びます。

 

正しい知識を学べますので、資格を取るなら幼児食のプロになれます。どれくらいの期間で資格を取ることができるでしょうか。大体の目安として、テキストが到着してから、最短2カ月ほどで認定試験を受けることができるようになります。忙しくて途中で中断してしまったとしても、2年弱ほど期間が設定されていますので、時間に追われることなく安心して学ぶことができるでしょう。

 

「幼児食マイスター」の資格を取るには

「幼児食マイスター」という資格もあります。近年の核家族化の傾向に伴い、家族の人数が減り、幼児食の知識がないまま子育てをしている若い世代も多くなっています。幼児食は、子どもの健康に直接関係がある重要なものですが、知識がないと幼児食を軽く見てしまい、小さなうちから生活習慣病になってしまうリスクを負ってしまうお子さんもいます。

 

「幼児食マイスター」は、食事作りの基礎、実践など、幼児食に関する幅広い知識を得ることができます。また、体の発達に応じた幼児食を学べますし、食品の選び方や量などの知識も得られます。この資格を、自分の子育てに役立てるために取ろうと思う女性は多くいますが、育児に関係する仕事に就いていたり、食事関連のビジネスのために資格を取るというケースも増えています。

 

まとめ

幼児食に関する、「ベビーフードインストラクター」、「幼児食マイスター」などの資格があります。

 

興味のある方は、資格取得にトライしてみましょう。

関連ページ

幼児食に必要な知識と調理方法
子どもは、離乳食を卒業すると、次に幼児食がはじまります。幼児期は、初めて口にするものばかりなので、食物アレルギーかどうかわからないことも多く、食事には気を遣います。どのようなことが気になるでしょうか。
食育資格を取るには
近年、食に対する意識が高まっています。食育に取り組んでいる学校や幼稚園、保育園は多く、絵本や教材も、食育に関するものが多くなってきました。食育とは、食物をバランスよく食べるための知識を身につけ、食品の選び方を学んでいくことです。
子供に合わせた食事作り
子供は、年齢によって食べられるものに違いがあります。離乳食が完了する1歳のころは、まだやわらかいものが良いでしょう。肉を食べさせたいなら、豆腐ハンバーグや鶏肉ハンバーグなどからスタートすると良いかもしれません。
子どもが食べやすい料理とは
子どもには、食事の時間も楽しく過ごしてほしいと思います。幼児期はちょうどイヤイヤ期にもさしかかり、食事を食べてくれなくなったりします。好き嫌いもはっきりしてきますし、遊びのほうに夢中になり、食事に集中しなくなることもしばしばです。