食育に興味のある方は、資格を取ってみよう

近年、食に対する意識が高まっています。食育に取り組んでいる学校や幼稚園、保育園は多く、絵本や教材も、食育に関するものが多くなってきました。食育とは、食物をバランスよく食べるための知識を身につけ、食品の選び方を学んでいくことです。食育に関する資格にはどのようなものがあるでしょうか。

 

「管理健康栄養インストラクター」、「食育健康アドバイザー」などがあります。いずれも、食に関する専門的な知識を学びます。食の大切さを見直し、食べる意味を考えることができます。

 

「管理健康栄養インストラクター」の資格を取るには

「管理健康栄養インストラクター」は、養成講座を受講し、最短2カ月ほどで資格を取得できます。食育に関する知識を実践レベルまで学べます。毎日の食事において、栄養バランスの考え方を食材を選ぶことから学び、プロ並みの知識を得ることができます。アレルギーを持っている子どもの食事作りは難しいですが、体質に合わせた献立を考えることができるようになります。

 

また、最適とされる栄養バランス、安全な食材の見分け方も身につきます。専門的な知識と資格があるなら、料理教室を開いたり、食育のアドバイザーとしてセミナーを開催することもできます。さらに、教育・医療・食品業界の現場でも食育のスペシャリストとして活躍の場を広げることができるでしょう。

 

「食育健康アドバイザー」の資格を取るには

「食育健康アドバイザー」の資格も、養成講座を受けることで取得することができます。指定の通信講座のカリキュラムを修了した後に認定試験を受けます。最短2カ月ほどの期間で取得できます。講座では、食育に関する基本的な知識を学ぶことができます。安全な食材の見分け方、食材を上手に保存する方法、子どもを健やかに育てる食習慣など、食育全般を学べます。

 

その知識を、日常生活の中で活かすことができます。また、社会において、食育の指導者として活躍することもできます。正しい食材の選び方や、献立作りを学んで、毎日の食生活に役立てることができます。バランスの良い献立を考え、年代や状況に合わせた食育メニューを提供することができます。食に関する総合的な知識を習得し、食育の専門家を目指しませんか。

 

まとめ

食育に興味のある方は、「管理健康栄養インストラクター」、「食育健康アドバイザー」などの資格を取得してみましょう。

 

得た知識を、食生活に活かしていきましょう。

関連ページ

幼児食に必要な知識と調理方法
子どもは、離乳食を卒業すると、次に幼児食がはじまります。幼児期は、初めて口にするものばかりなので、食物アレルギーかどうかわからないことも多く、食事には気を遣います。どのようなことが気になるでしょうか。
幼児食資格を取るには
幼児食とは、離乳食を完了した子ども、1歳〜6歳の幼児期の食事のことです。幼児の成長に合わせ、食事のみで栄養を摂れるように調理した食事を指します。自分の子どものために、幼児食に関する専門的な知識を得ようと、資格を取得にトライされる方が増えています。
子供に合わせた食事作り
子供は、年齢によって食べられるものに違いがあります。離乳食が完了する1歳のころは、まだやわらかいものが良いでしょう。肉を食べさせたいなら、豆腐ハンバーグや鶏肉ハンバーグなどからスタートすると良いかもしれません。
子どもが食べやすい料理とは
子どもには、食事の時間も楽しく過ごしてほしいと思います。幼児期はちょうどイヤイヤ期にもさしかかり、食事を食べてくれなくなったりします。好き嫌いもはっきりしてきますし、遊びのほうに夢中になり、食事に集中しなくなることもしばしばです。